大門さちえ 区政に挑戦!

大門さちえ

区政に挑戦!

幸ある新宿・東京の街づくり

大門さちえ

私は新宿区議会議員、東京都議会議員として、「女性が輝く社会」をめざし子育て支援を中心に議会で取り組んできました。

待機児童問題をはじめとした子育て支援は大切です。今後もさらに充実を図ってまいります。また、さらに人生100年時代に向けて、時代にあわせた区政サービスを充実させていきたいと思います。

IT化で便利になった世の中ですが、「若い人達だけが便利なんでしょ」といった声を聞くようになりました。性別年齢など関係なく誰にとっても便利で快適な暮らしを実現するために、カンタンに使えるシステムを構築していきたいです。 3.11ではネットによる情報収集や発信の大切さを実感しました。そういった意味でも誰もがITを使えることは大切です。被災地の経験を生かし、安心安全なまちづくりを目指します。

また自民党の良さは、国と都と区にそれぞれ自民党の議員がいて、三位一体となった政治ができるところです。皆様のご指導を心からお願いいたします。

大門幸恵

大門さちえプロフィール

昭和44年生まれ
馬込第二小学校、昭和女子大学附属昭和中学校・高等学校、昭和女子大学文学部英米文学科卒業
早稲田大学大学院商学研究科修了
会計事務所勤務 資産税担当
KPMG税理士法人勤務 国内・国際税務担当
神楽坂に税理士事務所開業
新宿区議会議員1期
東京都議会議員1期
税理士、行政書士

働く女性への応援

  • 子育て支援の充実をすることによって、働く女性を応援します
  • 妊娠期から、産前産後の相談事業の充実、0歳保育をはじめとする待機児童対策、 小1ギャップ対策の実施、習熟度別学習の実施など切れ目のない子育て支援(ネウボラ)を実現します

高齢者にも
やさしい区政

  • 高齢者にもやさしいIT化を推進します
  • だれもが便利で簡単に使いやすいシステムの構築と、わかりやすいマンツーマンでの説明などもっと便利で暮らしやすい区政を実現します

安全安心の災害対策

  • 災害対策の充実を図ります
  • 備蓄品の更なる拡充と、災害時での課題である配給体制を住民、企業と協力して確立し、被災地の体験を活かした災害対策を実現します

私たちも応援しています!!

ページトップへ